事業案内

本サービスの特徴

「こころ」と「からだ」のサポートサービスの特徴
1
臨床心理士が対応するカウンセリング体制
臨床経験豊富な臨床心理士によるカウンセリング体制を整えています。
1
カスタマイズされたサービス提供
電話・Webカウンセリング等ご要望に応じたカウンセリングをご提供いたします。
また、相談者の心身状態に合わせてセルフリラクゼーションなどをご提供いたします。
1
医療機関のご紹介
相談者の状況に応じ“心の専門家の目”で選んだ医療機関をご紹介いたします。
「こころ」と「からだ」のサポートサービスの流れ
契約企業様の社員(登録者)から電話、ウェブにて臨床心理士へ相談 医療機関と提携しています。
臨床心理士とは

心理カウンセラー、サイコセラピスト、心理士、心理相談員など、こころの専門家にはさまざまな呼称がありますが、このうち「臨床心理士」とは、文部科学省認可の財団法人日本臨床心理士資格認定協会の認定をうけている心理専門職を指します。

臨床心理士は、困っている事・悩んでいる事について話を聞くプロ(専門家)です。 悩みを抱えている方が、自分自身で納得のいく解決方法を見つけて行けるように、まずはじっくりとお話を聞きます。

一人で悩んでいる時には堂々巡りになってしまう事でも、話をする中で自分の中の考えが次第に整理され、それまで気付かなかった思いや考えに気付く事もあるでしょう。

こころが晴れやかになるためのヒントや、問題解決手段のヒントなどを、アドバイスする事もあるでしょう。

悩みを抱えている方がカウンセリングを通して、悩み自体を解決できるだけでなく、今までとは違う捉え方で物事を考えられるようになり、柔軟な心を得られるようになる事もあるでしょう。

例えるならば、臨床心理士は、人生というマラソンを走る主人公「あなた」に寄り添う、伴走者なのです。 ゴールを目指して同じ気持ちで走り、辛い時には声をかけ励まし、走行状態を確認しながら必要なアドバイスも行います。

昨今、複雑化する社会の中で、ストレスを始めとする心理的課題を抱える方が増え、専門的なこころのサポートの重要性が高まっています。そんな中で「臨床心理士」は、臨床心理学にもとづく知識や技術を用いて“こころ”の問題にアプローチする“こころの専門家”として、悩みを抱える方をサポートいたします。

『「こころ」と「からだ」のサポートサービス』導入パターン例

必要に応じたサービスを組み合わせてご採用いただけます。

サービス導入の動機 サービス提供の内容
導入例1 職員の定着率が低下しており、全体として残業が多くなっている傾向にある
カウンセリングサービス導入による相談窓口の多様化
リラクゼーションプログラムの実施
導入例2 行政等の指導により、企業として従業員の「こころ」と「からだ」のサポートへ取り組む必要性に迫られている
カウンセリングサービス導入による相談窓口の設置
管理職向け研修プログラムの実施
導入例3 業種特有の問題を抱えており、ストレスを恒常的に抱えている社員が多い
カウンセリングサービス導入による相談窓口の設置
ストレスマネジメントプログラムの実施